石田氏は出馬やる基準まで上げていますから断じて見つかる気はないのでしょう

石田純一氏が非自民の状況から都内都知事選への出馬を検討中だという対談はわたしを驚かせたのですが、母さんの理子氏も相当困惑している格好なのでそのモチベーションもしばしば聞こえる意思がしました。
政治家の家内は邪魔が多く長男の夫人になるから大変そうだとほとんどの女性は感じてると思いますが、総理のマミーファーストレディであっても次から次へとVIPのアフターケアやらそのマミーたちの相手方までして差し上げなければならないとなると、男性に政治家なんかに罹るのだけは止めてほしいって狙うのが自然です。
ですから理子母さんは政治家のマミーになる意思など毛頭ないような気がしますから石田氏は当選をしたとしても政治家のマミーなんてお断りと思っている母さんとの原因が悪化しまた離別劇に至ってしまいそうに思えるのでした。
母さんはヒトを考えるから自分がかまってもらいたい極めて普通の母親のタイプに見えるし、離婚してもお父様と共に暮らせばいいわけですから危険な感じは確かにする。
ただそれを乗り越えて始めるだけの根性が石田氏におけると思えるほどの政治追っかけには見えませんので、今からでも出馬は考え直した方がいいような気がします。
また出馬始める条件として野党グルーピングラインナップになるとき、とか発言しているので結局は出馬出来ずに終わりそうだし、そうなると夫妻原因も今まで通リ円満でいられそうです。ロスミンローヤル 薬局