乱痴気騒ぎから避難して駅前の喫茶店に身を寄せる紳士両者

「地点、変えません?」
自身は平身低頭で女性(とは言っても自分の淑女と多田という隣人の女房の二人だけだが)に断りを入れ、多田と三軒茶屋駅前のカフェに移動することにした。
「いやはや。何とかそういった落ち着いたショップのほうが格段に落ち着きますな」
多田は満更でもなさそうな声音だった。既婚というのは毎日我慢している取り分、酒が入るとしんどいバリエーションのキャラだろうという思い込みを持っていた自身は意図的に多田を酒場やバーなどという類の地方からは遠ざけようとした。
「すみませんね、こちらの勝手な都合で一方チックに……。彼も休職中間の身上なもので。そうなるとひとりでに自分の方も酒は控えるようにのぼるもので」
「なるほど。そういうことでしたか」
如何にもその場で取り繕ったような言い分だったが多田は妙に納得していたので自身も美学後そういうことにしておいた。
ひいては多田のいうように「落ち着いたショップ」などでは必ずない。店舗には下世話なこの世はなしや芸能ゴシップに関する花盛りが下々の主婦層の間で盛んに交わされるような、一見するとどこにでもあるようなカフェテラスだったし、カフェでなくとも焼酎仲間を取り扱っていないショップならばとっくにどこでも良かった。http://www.brownwoodtx.co/kouka-taiken.html